伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


バフェットもゴールドマンも木から落ちる!!
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


世界最高の収益力を誇る投資銀行ゴールドマン・サックス・グループ(GS)は、4-6月(第2四半期)に、デリバティブ取引で損失を出した。

バリアンス・スワップと呼ばれるS&P500種株価指数の
大幅変動に備える保険商品を顧客に販売していたため、
同指数の1年以上で最大の下げに足をすくわれた。

GSはボラティリティは低下すると見込んでいたため、
この商品を顧客に販売していたところ、
見込み違いの大きな変動により損失が発生した。

また、投資・保険会社バークシャー・ハサウェイ会長の
バフェット氏も2004年から、株式関連のデリバティブ370億円を引き受けている。

その保険料として49億ドルを受け取っており、デリバティブ契約の期間中は、この現金を自由に投資できると説明していた。

しかし、4つの株価指数が販売時の水準から25%下落した場合、バークシャーは90億ドルの支払い義務が生じる。

バフェット氏のデリバティブの価格も、バリアンス・スワップの影響を受ている可能性が高い。


辣腕投資家でも、株式市場におけるボラティリティには裏切られ、そして過去の経験則では測ることが出来ない市場になっているのである。

我々のような個人投資家が損をするのは、
当然なのである。

そのためにも、損切りラインをしっかり自分のルールとして
決めておかないと、市場のボラティリティに吹っ飛ばされてしまうのである。

「二日新甫は荒れる」という言葉がある。
一日が休日で二日の立会いからスタートする月は荒れるという言い伝えであるが、今月8月はその月にあたる。

ボラティリティには気をつけよう!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
熱い熱い、暑苦しいほどの応援クリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.03 23:52 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。