伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

05 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »07

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


今の株式市場
次から次ぎへと出てくる株式市場へのネガティブな話題には、そろそろ飽きてきた。

売買動向をみると、外国人投資家の売りに対して、
日本の信託銀行と個人投資家の買いという構図である。しかし、6月末に掛けて変化がみられる可能性がある。

株価が下げ止まる兆しが出てくるには、まずは外国人投資家の売りが止らないと始まらない。

5月は多くのヘッジファンドにとって中間決算月に相当し、決算売りが出ていたと思われる。
それは、5月3週目をピークに徐々に売り越し金額が減ってきている。
現在もやや売り越しではあるが、6月末に向けて海外ペンションファンド(年金基金)の中間決済に
相当し、月末にかけて株価意識が高まるので、ウィンドウ・ドレッシング(お化粧買い)を発動する。

一方で日本独特の習慣なのだが、6月末に向けて株主総会のラッシュが起こる。
そのため、持合株解消の意向があっても、「売却は株主総会のあとにしましょう」という暗黙の了解がある。

そしてこの時期特有のアナリストの不思議なレーティング・アップが起こるのである。そのため、法人や機関投資家等が買ってくるのである。

また、日本株投資のキャリアが長いヘッジファンドは、この季節要因を熟知しており、強引に売りから入るよりも、買いに回ってくる可能性が高い。

このような要因から大暴落的なことは6月中には考えずらいのだが、底値だと思って個人投資家が手を出すと、季節要因の剥落により7月相場でやられる可能性が高い。

6月中は薄利多売戦法で短期取引をお勧めする。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
ぱっと、景気よく、応援のクリックおねがいします。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.06.10 16:36 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。