FC2ブログ

伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 / --.--.-- --:--


何故ブルマーケット、ベアマーケットと呼ぶの?
株式市場が上昇したり下降した際に、投資家ではなくても、ブルマーケット、ベアマーケットという言葉を聞いたことがあるだろう。
しかし、雄牛さん、熊さんではない!!日本だったら、落語の世界にありそうである。
相場が上がることを期待して、積極的に買う状態のことをブルマーケットといい、その反対に値下がりすることが予測される状態をベアマーケットという。

要するに強気相場が雄牛さんマーケット、弱気相場が熊さんマーケットである。
何故そう呼ばれるようになったかというと、雄牛は攻撃する際に上向きに攻撃し、反対に熊は下向きに攻撃することからそう呼ばれるようになった。
攻撃という言葉は、戦うという意味であることからも、株式投資やその他の市場商品で儲ける(勝ち)か損する(負け)かは、戦いなのであろう。

アングロサクソンは何でも戦いに結びつけるようである。
サブプライムローン問題で世界的に金融緩和したが、平時の金融政策に戻す際も、出口戦略という言葉を使っている。
これも軍事用語である。

やっぱり農耕民族である日本人とすれば、牛さんマーケット、熊さんマーケットと呼びたいものである。
投資は戦いではなく楽しみながらやりたいものである。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
クリックでの応援、強気に...おねがいします。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.04.05 16:27 / TB[0] / CM[0]






:: Comment ::

管理者にだけ表示を許可する


 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。