FC2ブログ

伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

07 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


実質金利との関係から円高が止らない訳!!!
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


表面金利では日本は世界で最も低い金利水準ではある。
しかし、実質の金利では日本が抱えているデフレによって
米国などと比べると金利水準は高くなる。

日本と米国の実質金利を政策金利(0.1%と仮定)し、
コア消費者物価指数を使って算出する。
(実質金利=表面金利-インフレ率)
米国 0.1%-0.9%=-0.8%
日本 0.1%-(-1.0%)=+1.1%となる。

日本はデフレなので、物価が下落しているので、
マイナス符号が付いてしまう。

そのため、投機家達はドルやユーロを調達して、相対的な高金利となる日本円を買う取引をしている。
これらが円高を進めるドル・キャリートレードである。

それでは、どのようにすればこの流れを止めることが出来るか?ということになるが、現状では日本銀行が流動性を供給するか?要するに国債を買い増して国内に通貨を滞留させる。または、円売り介入で通貨を滞留させるかという選択しかない。

しかし、日本銀行にとっては通貨価値を下落させるような行為は自ら進めたくないのが本音である。
しかしながら、このまま放置していたら、どこまでも円高が止らないのも事実である。

そして手をこまねいていればいるほど、
円高は進んでしまう。

手遅れになる前に、
政府、日銀は即刻行動するべきなのである。

見ているだけでは円安になるはずもない!!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
8月も終わりますが、応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーサイト
未分類 / 2010.08.31 18:16 / TB[0] / CM[1]


市場にとって菅氏か?小沢氏か?
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


誰が首相になっても国民生活が良くならないなら、
我々投資家にとってどちらがメリットがあるかを
考えなければならい。

まったく個人的な意見となるが、
もし菅氏が首相になると、
現在の対応をみていても分かるように、
円高、株安、債券高となる。
口先介入ばかりで一向に具体策が出ないことと、
野田財務相においても本当に市場のことが
分かっていないようである。

小沢氏が首相になると、
積極的に日本銀行に金融緩和を迫る一方で、
民主党のマニフェストを実現するために、
経済刺激策を打ってくるだろう。
そのため、国債増発もやむなしとなる。
そして円安、株高、債券安となり、
金利は上昇するが我々にとっては
救世主となる可能性が高い。

しかし、将来的には国債残高が積み上がり、
日本経済の破綻のトリガーを引くことになるリスクを伴う。

私的には、小沢氏が首相になった方が、
我々投資家にとっては円安、
株高のシナリオが描きやすいことと、
産業界においても海外進出を抑えることになる。

政治と金の問題はいつも世にもどの政治家においても、
叩けばホコリが出るのだから、
特に大きな問題ではない。

それよりも実行力があり、官僚に負けない
強い政治家が日本を救うことが先決である。

他の諸国は円高で日本が困っていても助けてくれない。
米国においても同様である。

今求めるものは円安と株高である。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
立ち上がり、応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.27 15:09 / TB[0] / CM[21]


レベルの低い財務相はいらない!
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


このところの円高に対して、政府要人発言には
ホトホト呆れてしまう。
どの要人発言も口を揃えたように、「為替を注意深く見ている」
というような内容のものばかりで、具体的な発言は何もない。

最初の頃は口先介入として市場も受け止めていたが、
今はもう狼少年がまた言っている程度である。

「為替を注視していても、注意深く見ていても
それだけでは円安にならないのだよ!!!」
と最近パソコンに向かって独り言が増えてしまった。

24日の夕方から急激な円高に見舞われた時も、
財務相の緊急記者会見があるということで、
市場参加者全員が注目していた。

ところがいつもの発言を連呼しているだけで、
中身は何も変わらない。こともあって、
失望から円が加速的に買われてしまった。

今回で2度目の滑りである。

東証の斉藤社長が毅然とした態度を政府が
とらないと市場になめられるという発言をしていたが、
財務相が市場をなめているとしか思えない。

今回の円高でミニ日経225先物も
パニック的に8830円まで下がってしまうという事態となった。

市場を理解していない財務相はもう要らないのである。

私も25年以上金融市場にいるが、
ここまでのお粗末君は珍しい。

首相選に忙しくても、
市場が荒れ狂っているのだから、
もう少し真剣に市場と向き合ってもらいたいものだ。

新人議員との会合はその後にしてもらいたい。

久しぶりに愚痴になってしまったが、
マニフェストでは国民を裏切り、
金融市場でも何も動けないことを見透かされるような
与党はもういらない!!!!

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
残暑きびしいですが、応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2010.08.25 06:45 / TB[0] / CM[0]


ギリシャ問題復活か??
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


ドイツのシュピーゲル紙の8月18日電子版によると、
ギリシャ政府が緊縮財政を進めた結果、
深刻な景気低迷を陥っている。
そして商店等の店舗封鎖が相次ぎ、そのため税収が落ち込み、一部の地域では失業率が何と70%まで上昇している。
そして労働者のストライキが活発化している。
という内容である。

沈静化したと思われていた南欧問題が、
再度クローズアップしてきたようである。
そんなに簡単に終結する問題ではないので、
当然と言えば当然であるが、
それにしても記事が本当ならば、
大変なことである。

しかし、市場が結構冷静なのが
気になるところである。
ECBやIMFがギリシャを全面的にバックアップすると言っても、国内がめちゃくちゃ状態ではどうにもならないだろう!!!

日本のマスコミではほとんど放送されなくなった、
EU問題が再燃するようであれば、
急減な円高に見舞われる可能性が強い。

政府も口先介入だけでなく、
早急に具体策を考えておかないと、
菅政権も短命で終わるかもしれない。
それが一番円安要因になるかも???

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
暑さも一服感?
そんなおりでも、応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.20 16:54 / TB[0] / CM[0]


実践オシレーター系のセミナー開催
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


9月11日(土)午前10時より(株)フジトミでオシレーター系のセミナー開催です。
今回はモメンタムからDMIなど10指標位の使い方をお話します。入場は無料です。

既存のオシレーター系の指標の期間だけを使って取引している方には、目からウロコかもしれません。

フジトミオリジナルのWin-Stationを実際使ってチャートを読みます。お時間のある方は是非ご参加ください。

詳細はこちらより
http://www.fujitomi.co.jp/investment/index.html

楽しくなければセミナーではない。
儲かる話でなければ時間が無駄!
即使える話しでなければ行っても無駄!
と思っている方是非ご参加ください。

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
暑さにもまけない、熱い応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.19 14:43 / TB[0] / CM[0]


円高と円安どっちに行くの?
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


FX相場で取引している投資家は、
初級者にとっては難しい市場であり、
中上級者にとってはそこそこ取れる相場ではないだろうか?

何故なら円高になるたびに口先介入により円安になるが、
そこでは円買いすれば結構取れる相場である。

日本政府は、口先介入までで、
為替介入出来ないことを知っているからである。

また、日本銀行が金融緩和するといっても、
現状は限られたことしか出来ない状態のなかで、
円安に出来るわけがない。

他国においても、自国の利益のことばかりを考えているので、
日本が為替介入するとなれば非難轟々だろう。

完全に四面楚歌状態なのが日本である。

しかし、黙って円高になるのを待っているのでは、
菅政権も危ういだろう。

民主党と日本銀行がどのような手を打ってくるのか、
楽しみである。

為替においては暫くはボックスの中を利益確保するのが、
良いかもしれない。

しかしレンジを抜けたら損切りも大事になる!!!!

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
ばててませんか?
残りの夏も、熱い応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2010.08.18 10:49 / TB[0] / CM[0]


8月のSQに何か起きる??
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


先物やオプション取引などにおいて最終決済に
用いられる指数のことである。
SQが算出される日は、先物取引の場合は、
3、6、9,12月の第二金曜日(取引最終日の翌日)
オプション取引の場合には
毎月の第二金曜日(取引最終日の翌日)
特に3、6、9、12月は先物取引とオプション取引の
算出日となるため、取引量が多くなり、
これをメジャーSQという。
一方でその他の月はオプションだけの算出日となるため、マイナーSQという。
8月はマイナーSQではあるが、市場参加者は
その精算値を気にしている。
今後の指標値となり上値抵抗線や下値支持線に
なることがあるからである。
そのSQ日は何と13日金曜日で仏滅という9年ぶりと
なる不吉な日となる。
前回は2001年4月であったが、
日経平均株価は33.28円高と無難にこなした。
今年は円高で米国経済の2番底懸念も
ある中のSQであり、FOMCの金融緩和期待が
高まっている中でのSQなのである。
金曜日は吉とでるか?凶とでるか?
神のみぞ知る!!!
このところの外国人の投資動向では、
10日連続の買い越しである。
これは「見えざる神の手」が伸びているのか?
答えは週末までに判明する!!!!

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
そろそろお休みですか?
連休中も熱い応援のクリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.11 14:19 / TB[0] / CM[0]


太陽と月が市場に与える影響とは!!
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


ポロロッカはアマゾン川の大逆流現象ではあるが、
月の引力で発生する海しょうで4~5mの高波が
大西洋からアマゾン川の河口に押し寄せ、
河の流れを飲み込んで逆流していく、
その速度は、時速65km、距離は約800kmの
内地にまで達することもある。
特に2月、3月の干満の差が大きい満月と新月の時に発生する。

また、一目均衡表でも使われている時間論の26日、33日も水素の球体である太陽の自転は地球の赤道にあたる部分が26日で一回転、極にあたる部分が33日で一回転する。

人間は自分で決定しているはずの行動といえども、
実は太陽や月の影響を受けているのかもしれない。

ちなみに、満月の日は株価等のボラティリティが高いという
調査結果もある。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
満ちても、引いても、応援クリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.05 17:01 / TB[0] / CM[0]


バフェットもゴールドマンも木から落ちる!!
USTREAMでほぼ毎日わたくし米蔵が米蔵SHOW
題してを動画配信してます。その日のマーケット情報を解説してますので、ご覧くださいませ。


世界最高の収益力を誇る投資銀行ゴールドマン・サックス・グループ(GS)は、4-6月(第2四半期)に、デリバティブ取引で損失を出した。

バリアンス・スワップと呼ばれるS&P500種株価指数の
大幅変動に備える保険商品を顧客に販売していたため、
同指数の1年以上で最大の下げに足をすくわれた。

GSはボラティリティは低下すると見込んでいたため、
この商品を顧客に販売していたところ、
見込み違いの大きな変動により損失が発生した。

また、投資・保険会社バークシャー・ハサウェイ会長の
バフェット氏も2004年から、株式関連のデリバティブ370億円を引き受けている。

その保険料として49億ドルを受け取っており、デリバティブ契約の期間中は、この現金を自由に投資できると説明していた。

しかし、4つの株価指数が販売時の水準から25%下落した場合、バークシャーは90億ドルの支払い義務が生じる。

バフェット氏のデリバティブの価格も、バリアンス・スワップの影響を受ている可能性が高い。


辣腕投資家でも、株式市場におけるボラティリティには裏切られ、そして過去の経験則では測ることが出来ない市場になっているのである。

我々のような個人投資家が損をするのは、
当然なのである。

そのためにも、損切りラインをしっかり自分のルールとして
決めておかないと、市場のボラティリティに吹っ飛ばされてしまうのである。

「二日新甫は荒れる」という言葉がある。
一日が休日で二日の立会いからスタートする月は荒れるという言い伝えであるが、今月8月はその月にあたる。

ボラティリティには気をつけよう!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
熱い熱い、暑苦しいほどの応援クリックなう。。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2010.08.03 23:52 / TB[0] / CM[0]



 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】