FC2ブログ

伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

06 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »08

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


バルチック海運指数から今後の海運株の動向を占う
まずはバルチック海運指数とは、 鉄鉱石や石炭、穀物などを運ぶばら積み船の運賃指標となる、 総合海運指数のことをいう。ロンドンのバルチック海運取引所が算出し、 毎営業日のロンドン時間13時に公表している。
指数の基準値は、公表を始めた1985年の平均である「1000」が基準となる。

この指数と海運株の相関関係が強い。
その理由は、指数が上昇するということは、ばら積み船の荷動きが よいと考えられることから、海運株の業績への期待感が強まる。
また、その反対に下落すれば、ばら積み船の需要低迷の懸念から 海運株下落の一因となる。
ただ、常に海運株と連動するとは限らないのでその点は注意が必要である。

リアルタイムでバルチック海運指数と海運株の比較が見れるサイトがある。
http://chartpark.com/baltic.html

徐々にではあるが、バルチック海運指数も持ち直してきている。
先日海運会社の第1四半期の決算内容が悪く全体的に株価は下げたが、 指数が改善してくるようであれば、 海運株の仕込むチャンスかもしれない。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
辛口の方も甘口の方も、ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

スポンサーサイト
経済動向 / 2009.07.30 15:53 / TB[0] / CM[0]


ジンバブエのハイパーインフレと日本!
ジンバブエのインフレは凄まじい。
物価上昇率が2億%に達している。

そのために今年1月に発行された
超高額紙幣は100兆ジンバブエドルである。
いくつかの原因がある。

・ジンバブエドルを無節操に発行した。
・国内に出回る製品の数が不足している。
・政府が黒人を優遇するために、黒人たちが白人の地主から農地を奪うことを合法化し、農業ノウハウのある白人を追い出した。
・外資系企業の株式強制譲渡法案により外資系が一斉に撤退してしまった。
・価格統制令によって強制的に製品・サービスを半額にした。

これらの要因で、ハイパーインフレの道を辿ったのである。
いくつかの要因は日本にも当てはまるのではないだろうか?

バラマキ政策により国債の増発を行い紙幣を増発している。
食料自給率が年々低下していることから、将来新興国が
復興してくれば昨年のような食料不足となり、高い原材料を輸入しなければならない。
外資系が日本の上場株を買い占めると、マスメディアは挙ってバッシングをする。
100円ショップの出現により、生活品に関しては価格統制されている。

日本が何故ハイパーインフレにならないのかが不思議な感じである。
これも日本の先進国という立場と日本の技術力が鍵である。
ちょっとお金持ち気分になりたい場合は、
ジンバブエドルを持っていると良いかもしれない。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
天気も経済も不安定? ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.28 23:18 / TB[0] / CM[0]


信用倍率に注目!!!
日経平均も1万円を目前として足踏みをしている。
注目なのは信用で空売りしている銘柄である。

信用で空売りをすると、株券を借りてそれを買手に渡さなければならない。
そのため株券を借りるのに貸し株料を支払う必要が出てくる。

空売りが増えてくると、株券が品薄となり貸し株料も上昇する。
短期で値下がりすれば値下がり時点で買い戻して精算してしまえば良いが、
中々値下がりしなかったり、逆に株価が上昇してしまうと
貸し株料だけで損が増えてしまうことになる。

そのため、損を覚悟で空売り解消で株券を買い戻す動きがでる。
信用買いの投売りの反対の動きとなり、投げ買いとなって株価が急騰する可能性が高い。

ただ、信用倍率が低いから何でも急騰するとは限らないので注意は必要である。
出来れば東証1部で業績も黒字であり、出来高が増加し始めていて
底値から反転し始めたものは有望である。

参考資料として、Yahoo!ファイナンスを紹介する。

爆騰銘柄をゲットだぜ!!(ピカチュウ風に読んでください)


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
毎日見ていただいてますか? ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.27 19:07 / TB[0] / CM[0]


新興国インフラと商社株
総合商社が新興国でインフラ市場の開拓を進めている。

昨年のサブプライムローン問題で、
一時期は新興国も海外からの資金流失で
大きな痛手を負っていた。

しかし、新興国へ資金が戻りつつあり、
また、内需によって景気回復を牽引しようとする動きは、
新興国内のインフラ整備に向けられている。

その波に乗っているのが、総合商社である
三菱商事、三井物産、住友商事、伊藤忠商事、丸紅、双日である。

昨年も新興国インフラ関連で騒がれた時期もあったが、
再度新興国相場がやってくるかもしれない。

・三菱商事 インド 鉄道車両  09/5

・三井物産 メキシコ 下水処理事業 08/12
        ブラジル  鉄道車両 09/7 

・住友商事 メキシコ 下水処理事業を拡大 09/5

・伊藤忠商事 インドネシア 地熱発電事業に参入 07/12

・丸紅 ペルー 浄水事業に参入 09/7

・双日 中国 排水高度処理の実証実験 09/7


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
夏の毎日の日課、 ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.26 08:36 / TB[0] / CM[0]


映画館も勝ち組と負け組み
久しぶりに映画が観たくなり、トランスフォーマーリベンジの
前売り券をチケット屋で買った。

安く買えるが、リスクは上映から1ヶ月が経っているので、
もし残り少ない上映期間に観に行けるかどうかであった。

何とか時間を作ったので、最近リニューアルしたという新宿の
ピカデリへ行ったが、朝10時の上映は満席ということだった。
しかしそういうこともあろうと、ヘッジのために
他の上映映画館を調べておいた。

10時40分から歌舞伎町のオデオン座で上映している。

取り合えず歌舞伎町に向かったが、新宿プラザは閉館となっており、以前の映画館周りは閑散としていた。
歌舞伎町も昔の賑わいはパチンコ屋周りだけであった。

10時20分から開場となったので入場したが、ビックリ
するほど空いていた。
10時40分の上映時間になっても、収容人数の10分の1程度
しか観客はいなかった。

映画館業界も勝ち組派と負け組み派が
はっきりしたことを実感した。

しかし、我々の年齢になると、古い映画館には
色々な思い出がある。
高校生の時に初めて彼女が出来て、
観に行った歌舞伎町の映画館は今でも覚えている。
無理して指定席を買った。

新しい映画館は画面も大きく座席のスペースも広いが、
思い出は何もない。

こんなコメントを書くようでは、どっぷり私もオジサンかもしれない。

歌舞伎町の再開発には期待している。
昔の賑わいを復活させてほしい。


トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
発売日:2008-07-04

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
週末のご予定は? ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2009.07.25 08:23 / TB[0] / CM[0]


投資から貯蓄への流れ!!!
定期預金が7年ぶりに高水準となった。

2000年前半に政府がペイオフ解禁を切っ掛けに、
「貯蓄から投資へ」を目標に掲げたことから
リスク資産に向かうマネーが急増した。

2007年6月には208兆円にまで膨れ上がった
株式や投資信託残高も解約や評価損の発生はあるが、
2009年3月には126兆円と半分以下になってしまった。
昨年のリーマンショックの影響で株式や投資信託の
価格が大きく値を下げた影響である。

その反面定期預金残高は年々増加傾向となっている。

基本的に中長期で投資したのなら、
日々の価格変動を気にする必要はないと思うのだが、
人間そうは行かないようである。

これもマスコミが昨年のようなことが起こると、
朝から晩まで超悲観的な報道をしたりすることから、
保有していることがストレスになってしまうのだろう。

私もアジア株の投資信託を保有しているが、
中長期投資と割り切っているので、
今幾らになっているのかも知らない。
しかし、底値からはだいぶ回復してきたようである。

一方で短期投資に関しては、
ほとんどデイトレードが中心である。
長く保有しても1週間以内には処分してしまう。

最近米国でも貯蓄率が上昇しているという報道があった。
あの米国人がと驚いてしまった。

これからの市場展開で貯蓄が正解だったのか?
それともリスク商品への投資が正解だったのか?

1年後が楽しみである。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
ブログの活力です。ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2009.07.23 15:09 / TB[0] / CM[0]


選挙銘柄がやってくる!!!
8月30日の衆議院選挙まで
選挙関連銘柄が行きそうである。
しかし、短期投資と割り切って投資しないと
塩漬け・ぬか漬けになるので気をつけて欲しい。

・2168 パソナグループ 人材派遣
・2331 総合警備保障 警備サービス
・2449 プラップジャパン 広告・コンサルティング
・2181 テンプホールディングス 人材派遣
・2678 アスクル 選挙関連製品
・3730 マクロミル インターネット世論調査業務
・3955 イムラ封筒 封筒業務
・4326 インテージ 世論調査業務
・4664 RSC 警備事業中堅・派遣
・4689 ヤフー ネット仮想投票
・4708 もしもしホットライン コールセンター・世論調査業務
・4755 楽天 ネット仮想投票
・6457 グローリー 選挙機材
・6809 TOA 放送設備とキュリティカメラシステム
・7521 ムサシ 投票用紙の分類・計算
・9474 ゼンリン 住宅地図大手・カーナビ
・9475 昭文社 地図・ガイドデータ
・9699 西尾レントオール 選挙用品を貸出し
・9715 トランスコスモス コールセンター・デジタルテレマーケティング
・9735 セコム 警備サービス

どの銘柄が飛びぬけるか楽しみである。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
日食見えましたか?
ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.22 01:50 / TB[0] / CM[0]


明るい米国経済指標!!!
面白いことに経済指標は、必ず前年度比で発表する。

ということは6月以降サブプライムローン問題や
ベアスターズ証券が買収され、その後、9月15日に
リーマンブラザーズ証券破綻によって、
世界景気は一気に落ち込んだ。

そのため、経済指標は全て前年度比で大きく落ちこんだ。
しかし、今年になって全世界で金をバラマキ、何とか景気を回復しようとした。
その結果、景気の底割れは取り合えず回避されたと言われている。

10月以降の景気回復は目を見張る数字が出てくると思われる。
何故なら昨年の経済指標のほぼ全てが10月から急速に大きく落ち込んだからである。
このトリックを上手く投資に使うには、これからが大事な時期である。

マスコミやベンダーは前年度比で改善したから
景気は改善したという報道をする。(本当はそうではないとしても)

しかし、相場は素直に反応する。
そのため、株式相場は年後半には上昇傾向になるかもしれない。

難しいのはFXである。
米国の経済指標も良くなるが、日本の経済指標も良くなるはずである。

しかし、超低金利が続く日本では、
円キャリートレードが復活する可能性が高く、
アナリストが言うより円高は進まないと思っている。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
夏本番、ビックウェーブはやってくるか?
ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.21 04:09 / TB[0] / CM[0]


ウラン鉱山がやって来た!!!
温暖化に向けて原子力発電所の新設が世界中で行われている。
しかし箱があってもその燃料となるウランがなくては話にならない。

そのウラン資源を持ったモンゴル首相が、
支援要請のため向こうから日本にやって来た。

だが、現在でもモンゴルのウラン鉱山の
採掘権の大半はロシアが所有し、開発に意欲を示している。

にもかかわらずモンゴル政府は、ロシアや中国に
対して挑戦的とも言える行動に出たのだ。

これは今までモンゴル政府が半ば強引に
ロシアや中国と提携させられ、その後モンゴルの資源を
タダ同然に奪われたことが原因ではないだろうか??!!

日本は契約社会であり、ビジネスにおいては
まだ紳士的な面が強いことから、
モンゴル首相もロシアや中国の圧力をかわす意味でも、
日本からの技術や資金面の支援要請を出したのだろう。

これはウランを輸入に頼っている日本にとっては、
願ったり叶ったりの話しである。

どこの企業がこの美味しい話しをゲットするかで、
将来的な大需要のウランをものに出来るかが見ものである。

小さな記事ではあるが、ウランの卸元という立場は
その企業に大きな利益を与えることになる。

注目は商社となりそうだ。

※現在モンゴルへ進出している商社は、
丸紅、三菱商事など


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
アクセス数も急上昇中?
ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2009.07.18 04:27 / TB[0] / CM[24]


短期物色の残骸!!!!!
4月は国際優良株、5月資源関連株、金融株
6月材料株、中小型株、7月食品株が中心となって回っている。

その度に乗り遅れた投資家はシコリを作ってしまう。
特に個人投資家は損切らずに持ち続けることが多いので、
次のチャンスに資金が追いつかず指を加えて株価が
上昇していくのを見送ることになる。
また、保有株が買い付け価格を上回るまで休憩モードである。

次から次と買いが入る市場であれば、
それも解消されるが今はそのような状況ではない。

そのため、日柄整理に時間が掛かってしまう。

また、政治不安は外国人投資家を遠ざけてしまっている。

内閣不信任案が衆院本会議では与党議員からの一人の裏切りもなく否決され
ホット安心と思ったのも束の間、
解散総選挙の日程が決まったと思ったら、
与党内から不満の声があがっている。

投資家にとっては、早期に解散して新しい政治体制を作ってくれることを願っているが、
当の政治家達は自分達のことばかりである。

このような国の株を外国人投資家は積極的に買おうとは思わないだろう。
それよりも、値上がりしてきたら空売りである。

そのために金融庁も空売り規制を強化しようとしている。

空売りは悪ことばかりではない。
何故ならば必ず買い戻しが入るのである。
また、株価が反発した場合は、損切りのための買い戻しも入り、
株価上昇の牽引役になることもある。

短期回転で物色先が変わることは、
戻ってきた個人投資家を株取引から遠ざけてしまう結果となる。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
からっと爽快な、クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2009.07.17 10:31 / TB[0] / CM[0]


投資資金の行方!!!!
このところ世界的に株安、商品安、不動産価格安、
債券高となっている。

株安は米国の景気回復期待が剥げ落ちた結果であり、
これから発表される企業の決算発表に対する警戒感から下げている。
また、商品相場においても、米景気の先行き懸念と
政府が商品相場の持ち高規制を厳しくする方針が影響している。

リスク資産を売却して安全資産である債券に資金が流れてきている。
しかし、金利が極端に下がれば、安全資産と思われる債券もリスク商品に変わる。

景気の先行きに懸念が出てくれば、国債を増発して
財政投融資に振り向ける必要性が出てくる。
そのため、需給のバランスが崩れて将来金利上昇したときに売却すれば、大きな損が出るからである。

世界的に金余りには変わらないはずなのに、
その資金の行方が一向に見えない。

また、投資のサイクルも中長期ではなく、
超短期サイクルとなっているよう思う。

そのため、どの市場においてもボラティリティ
(価格変動幅)が高い。

個人投資家にとっては、非常にリスクのある
市場となっている。

リスクを取るのが投資ではあるが、投資初心者は無理に
投資をして損を積み増すことはないと思う。

日本の政局と米企業の決算発表後に市場が落ち着いてからでも遅くはない。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
すでに夏ばて気味...?
からっと爽快な、クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済動向 / 2009.07.16 20:13 / TB[0] / CM[0]


株式市場は日柄整理!!!!
環境関連株の日柄整理が行われている。

今まで相場を先導していただけに、
相当値上がりしていたが、
その反動も大きい。

都議選で民主党が大勝利したことで、
衆議院選挙を一気に進めたい民主党と、
出来るだけ先延ばしにして点数稼ぎしたい自民党との
思惑が飛び交うことになる。

今の流れを変えるだけの名案は自民党にはない。
そのため、早期に解散総選挙をして民主党に政権を渡すことが、
日柄整理も早く決着するのではないだろうか?

民主党が与党となり新政権となれば、
以前からコメントしているように、
再度環境関連株が注目されるだろう。

日本も米国と同じように「チェンジ」を必要としている。

今年付けた安値日経平均7054.98円(3月10日)まで
日柄整理が行われるとは思わないが、
今の政治力や自民党内の不協和音は
外人投資家を一層遠ざけることになる。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
関東地方は梅雨明け宣言。
からっと爽快な、クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済コラム / 2009.07.15 10:44 / TB[1] / CM[0]


環境関連株相場を壊したのは?!!!!
日経平均を環境関連環境関連株が牽引して、
一万円まで回復した。

しかし、そこに冷水を掛けたのが、外資系証券と
某経済雑誌のコメントである。

ほぼ同時期に、環境関連株の売り推奨と
環境関連株バブル記事が公表された。

あまりにも時期やコメントが出来すぎているので、
一部には仕組まれたのではないかとまで言われている。

そのため、環境関連株はGSユアサや明電舎が
牽引となって下げを加速した。特に週末は追証の
投売りまで入り相場は崩れた。

不景気の中、少しでも不労所得が得られると
投資した一般投資家の夢は悪夢となった。

またしても外資系証券とマスコミに
やられたという感じである。


せっかく個人投資家が戻ろうとしている時に、
冷や水を掛ける必要があったのだろうか?

このようなコメントを出すならもう少し
早く出せば良かったのではなかろうか??

自分達が買い遅れたために下げコメントを出して、
下がったところで買い進め、その後買い推奨を
出すようならば、違った意味で株価誘導ではなかろうか?
また、雑誌記事は1ヶ月も前に書かれているはずなのに、
ぴったりタイミングが良すぎないだろうか?
記事が当たれば読者が増えるメリットがあるからだろうか?

最近インサイダーで逮捕される記事も目にすることがあるが、組織的なことならば許されるのか?

よく証券会社が買い推奨したり売り推奨したりした場合、
その前後の証券会社のその銘柄の取引履歴を開示して欲しい。

こう考えるのは私だけでしょうか????


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
ちょっと危ない話に、共感していただいたかた、クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

経済コラム / 2009.07.13 16:12 / TB[0] / CM[0]


円キャリートレードの復活に乗る!!!!
いつの間にか円キャリートレードが活発に行われていた。

円キャリートレードとは、日本の超低金利で
資金を調達して、その資金を外貨に換えて新興国等の
金利の高い金融商品で運用すること。

昨年の急速な円キャリートレードの巻き戻しで、
円高が急加速したことは記憶に新しい。

しばらくは鳴りを潜めていたが、また円キャリートレードを
していたとは、懲りない面々の多いことか!!!

そのため、94円台で推移していたドル円も8日は
NYタイムで一気に91円台を付けることになった。

注意することは、海外株安、商品相場安の
数日後に巻き戻しが起こる。
これは保有していた資産を売却してその資金の
受渡し後に一気に起こると思われる。

そのため、海外市場をきめ細かくチェックすることで、
トレンドに乗れる可能性が高い。

米国の決算発表後に海外市場が落ち着いてくれば、
再度円キャリートレードが行われるだろう。

まずは、原油の動きと株価の動きには要注意である。

円が不可解な筋から売られ円安になる場面があるが、
これこそ円キャリートレード筋とみている。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
3種類ありますからね、共感のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

金言集 / 2009.07.12 01:38 / TB[0] / CM[0]


中国不在でホッとする!!!
中国の瑚錦濤国家主席が新疆ウイグル自治区で
暴動を受けて急遽帰国した。
そのため、温暖化問題などでの先進国と
新興国の議論の行方に不透明感がでた。

しかし、一番ホッとしたのは、米国と日本ではないだろうか?

今回温暖化問題の裏には、米ドルの基軸通貨に
対する話も当然に出るはずであった。

そのため、一番ホッとしたのはオバマ大統領ではなかろうか?
また、日本においても一気に円が買われ急激に
円高になっているが、中国から基軸通貨についての
発言があったら、この程度の円高では済まなかったかもしれない。

夜中に為替が大きく動くと日本の投資家は
どうすることも出来ない。

9日は朝起きてテレビをつけた瞬間に、
私も目を疑うような円高にビックリしたひとりだ。

国際通貨基金(IMF)が世界の経済見通しを
上方修正したことから、ついドル円でドルを
買い朝利益を確保するつもりでいたが、
この思惑はあっさり裏切られる結果となった。

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
1日1回押しチャイナ...。 共感のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ

未分類 / 2009.07.10 15:34 / TB[0] / CM[0]


民主党が勝ったら!!!
都議選で与党が敗北すれば、
株式市場では民主党政権の誕生確度が高まる。

そこで民主党のマニフェストをみてみる。
主要政策は5本柱の構成で、
1.無駄遣いの削減
2.年金医療の制度改革
3.子育て・教育支援
4.地方分権、農業振興
5.環境政策と雇用政策

特に環境問題に関しては麻生首相が発表した
温暖化ガス排出削減を2020年までに
2005年比で15%削減、一方民主党案は2020年までに
2005年比30%削減と厳しいものになっている。

このため環境問題に関しては、自民党より積極的である。

今調整局面にある環境関連銘柄が息を吹き返す可能性も高い。

また、民主党の党首である鳩山由紀夫氏が首相になったら、
鳩山銘柄は母方の祖父・石橋清次郎が
ブリジストン創業者であるため、「ブリジストン」ということになる。

しかし、自動車業界が業績不振の中ブリジストンが
買われても短命ではなかろうか?

献金が少なく気を使った秘書の問題が報道されているが、
それにしても麻生首相の時と違って、鳩山銘柄も少なすぎる。

東京都議選如何では、今から民主党銘柄で勝負!!!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
わたくしにも清き一票を。 共感のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


経済動向 / 2009.07.08 09:43 / TB[0] / CM[7]


誰が日本国債を買うのか?
2009年度は政府が決めた経済対策に伴う補正予算の財源として
16兆9000億円分の国債が市場で追加発行される。

新規発行の総額(財投債を除く)は当初予算と合わせると44兆円を超える。
過去最大の規模となる。

そして、今後総選挙前にバラマキ政策が追加されれば、
新規発行分も増えることになる。

財務省が発表した2008年度の一般会計決算(概要)では
歳出が歳入を7180億円上回る歳入欠陥となった。

こうなってくると国債を乱発することになると共に
買手がいなければ長期金利は上昇することになる。

金利が上昇すれば、国債の利払額も増えることになり、
利払いするために国債を増発することになりかねない。

個人や会社だったらいずれ破綻することになってしまう。

米国は世界を飛び回り米国債の販売営業をしているが、
日本政府は日本国債の営業をしているのか?

今は金融機関等が貸し渋りで余った資金を
国債の購入に向けているので、何とか消化することができる。
しかし、景気回復が徐々に鮮明になり、株式市場に資金が
向かい始めると保有している国債を売却して
株式市場に流れ込んでくる。

政府や政治家は、自分の選挙ばかり気にしていて、
バラマキマニュフェストばかりでは最終的には
国民負担が増えるだけである。

投資と金利は非常に密接な関係にあるので、
今後も長期金利動向には要チェックである。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
コラムの原動力、チェック&クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


投資コラム / 2009.07.07 12:10 / TB[0] / CM[0]


上場廃止に気をつけろ!!!
年初から6月末までに上場廃止となった企業は、
1961年の調査以来最多となる38社となった。

特に経営破綻など財務の悪化を理由とする
上場廃止が多いのが特徴である。

しかし、日銀や政府が企業支援策を打ち出していることや、
年初の金融不安や信用不安が沈静化してきたことから、
資金繰り判断DIも大企業に関してはプラスに転じた。
だが、まだ油断は禁物である。

株投資をしても破綻等による上場廃止に
なってしまってはもともこうもない。

銘柄選択する際、まずはチェックすることは、
財務諸表等にゴーイングコンサーンについての
注記があるか確認する。
また、P/L、B/Sよりもキャッシュフロー表を
チェックすることにしている。

キャッシュフロー表には、営業キャッシュフロー、
投資キャッシュフロー、財務キャッシュフローが載っている。

その中でも営業キャッシュフローが
3年間マイナスなら危険である。
営業キャッシュフローは事業から
得られる利益であるが、ここがマイナスということは、
「勘定あって銭足らず」ということである。

普通売上げがあれば取引先から資金が入金されるが、
それが遅延していたり、回収不能になっている疑いがある。

こういう企業は、資産を売却して
(投資キャッシュフローをプラスにする)凌ぐか、
銀行借り入れ等(財務キャッシュフローをプラスにする)
で凌いでいる。

このような企業は要注意である。

今日はちょっと難しいかったかもしれないが、
株投資で元本がゼロにならないためにも、
くれぐれもキャッシュフロー表は要チェックである。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
こちらも、チェック&クリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


経済動向 / 2009.07.05 12:49 / TB[0] / CM[0]


大型公募増資の影響!!!
みずほ銀行をはじめ、ANAやオリックスも
大型公募増資の発表がありました。
上場会社のメリットとして、公募増資による
資金調達があるのですが、
投資家にとっては迷惑旋盤です。

増資によって発行株数が増えることで、
1株に対する利益が薄まります。

例えば100株発行している会社で、
1株に対する利益が50円だったとします。
100株増資したとしたら1株に対する
利益が25円となります。

1株50円だから今の株価で取引されているのですから、
それが半分になってしまったら、
極端な話しでは株価も半分になります。

また、公募増資によって資金を工面するために、
他の銘柄を売ってその代金に当てる
投資家もいます。そうなれば売られた株は
値下がりする可能性が高くなります。
大型の公募となれば、市場全体の値下がりにつながる
可能性も出てきます。

公募増資は価格決定日の終値から
数%のディスカウントで購入できますが、
購入後ディスカウントより下落してしまえば
もともこうもありません。

大型公募増資は、企業にとって
メリットが大きいですが、投資家にとっては
あまりありがたいものではありません。

市場が回復してきていることを理由に
公募増資を決定したのでしょうが、
このことで株価が崩れる火種も
増えたということです。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
週末も、ご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


未分類 / 2009.07.03 20:06 / TB[0] / CM[29]


7月の予想
今年も後半に入りました。
世界的な金余り状態を作ることで、
景気減速を止めようとしている各国の評価が
出始める月になるでしょう。

・東京都選挙の結果
・総選挙の時期
・大型公募後の影響
・成果を問われるオバマ大統領の評価
・商品相場の動向
・中東情勢

■日経平均
日経平均は1万円前後からスタートするが、
6月につけた1万700円を12日までに抜けるかどうかで、
今後の株価の動向が予測される。
抜けない場合は調整局面となる。また、
抜けた場合は1万2000円まで上昇する可能性がある。
日本においては、選挙月になることから与党が勝つか
野党が勝つかが焦点になりそうである。

■為替
基本的には95円から98円のレンジ内で推移すると予想する。
経済指標も良い・悪いのまだら模様が続き、
ドルが強くなったり弱くなったりすることで、
ボラティリティは今月も高いと予想する。
レンジを抜ける切っ掛けは、選挙後与党が負けることで、
一時期的に円が売られる可能性は高い。

■長期金利
長期金利も景気減速がはっきりしないことから、
1.3%から1.5%のレンジ内で推移しそうである。
長期金利上昇においては、日銀も悪い金利上昇を
抑える手段にでるだろう。
今日本の長期金利上昇は今後の景気に大いに
影響を与える可能性がある。
そのため、金利上昇局面では日銀や政府から
牽制発言が出て、金利上昇を抑制しそうである。

■金価格
6月に1トロイオンス=1,000ドルを目前に付ける
ことがなかったので、市場では1,000ドルが
天井という思惑が強くなっている。
しかし、中国や韓国の景気回復が鮮明になれば、
原油高金高というシナリオには変わりない。
また、現在920ドル近辺ではあるが、
900ドルを割り込んでいくほどに売り圧力もないと思われる。

■原油
1バーレル=70ドル近辺を行ったり来たりするだろう。
世界景気減速打ち止めというまでには時期早々である。
しかし、世界金余りであり世界の株価が不安定になれば、
お金は商品相場に流れやすくなっている。
原油高は、世界回復の障壁になるため、
監視も厳しくなるだろう。
そのため、70ドル近辺を上回るには時間が必要である。

ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
七月も手厚いご声援のクリックおねがいします。。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログ サラリーマン投資家へ


経済動向 / 2009.07.02 17:30 / TB[0] / CM[0]



 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】