FC2ブログ

伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

02 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »04

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


そういえば日銀総裁って???
日銀総裁は誰でしょうか??

先日までは毎日新聞紙上でも騒がれていましたが、
最近ではそれも取り上げられない日も出てきました。
でも、まだ日銀総裁は決まっていないのが現状です。
この国の政治はどうなっているのでしょうか??
日本人がそう思うのですから、海外の投資家はより変な国と思うでしょう。
また、ただでさえM&Aでは鎖国時代に戻っている日本に対して、
海外の投資は魅力はないと思うのが普通だと思います。

投資家の多くの方は、こんな日本を買う投資家はいないので、
FX取引をしている投資家は、円売りのポジションを持っている方が
多いと思います。

でも、現況は円高です。

また、株取引をしている投資家は、4月相場になっても何で日本だけこんなに
安くなるのか疑問を持ちながら、つい買ってしまいます。
でも、現況は値上がりしても翌日は値下がりする日々です。

福田さんお願いだから早く辞めてください。

この下げ相場を作っているのは、何も決められない、
そして何も決まらない貴方の責任でもあるのです。
このままだと、
海外の投資家の資金が、
日本から全て引き上げられる

可能性もあります。

国の政策のことは何も決められなくても、自分の事ぐらいは決められるはずです。
勇気を出して安倍さんのように去ることも大事です。

きっと解散総選挙になれば、海外の投資家の資金は戻ってくるでしょう!!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
サクラサクモハナチラシノアメ.....
ニホンケイザイモチラヌヨウ、ドウニカシテホシイモノデス。 

新年度、応援のクリックお願いします。



スポンサーサイト
投資コラム / 2008.03.28 00:02 / TB[0] / CM[0]


株式市場にも春は来るのか?
今週前半は日経平均1万2000円割れ、ドル円は95円台とこのまま地獄にでも落ちていくのかという市場環境であった。
これはベアスターンズの破綻問題から、今度はどこの金融機関が破綻するかという憶測を呼んだ。そのため信用不安による負の連鎖が働いたからである。
しかし、ブッシュ大統領はこの現状に対して、断固なる対策をとるとした。(中央銀行総裁も決められない国の首相とは大違いである。)
その政策のひとつとして、フレディマック、ファーニーメイの自己資本を引き下げ、住宅ローン債権の買い増し(100兆ドル???)を示唆した。
このことによって、
売るに売れなかった金融機関の保有債権の
売却先が現われた。


また、ブッシュ大統領の発言の中にインフレに対する懸念発言もあったことから、
資源買いを進めていた投機筋からの投げがはいり原油、金などが大きく値を下げた。

売った資金で、メチャクチャ安くなっている住宅ローン債権に資金を
向け始めているという話しもある。
NYダウも週初から金融機関株等に買いが入り反発した。

ところで日本であるが、東京証券取引所が21日発表した統計によると、
3月第二週に外国人投資家の日本株売却額が
ブラックマンデー時に次ぐ過去2番目の規模になったという。
しかし、PER14倍前後、PBRも1倍割れが続出している、売られ過ぎたものも多くある。

特に輸出関連などは、円高による業績悪化の憶測から売られ過ぎの銘柄が多く注目している。
その反対に資源株は商品相場の下落により売られやすくなってきている。

円高にしても今はドル安による円高であり、
景気、経済、政治等を見ても、決して円が買われる環境ではない。
特に豪ドル、NZドルは商品相場の下落懸念はあるが、
日本との金利差から投資妙味が大きくなっている。

日本株の反発の条件とすれば、
①米国の住宅市場の正常化 
②米国の金融システムの正常化
③ドル円の105円以上の円安が反発の条件となる。


最後に一日も早く解散総選挙して国会正常化することで、外人投資家を呼び戻すことである。
でもどの政党が与党になっても、誰が首相になっても現状と変わらないというよりも、
どんどん我々の生活は厳しくなっていくような気がするのは私だけでしょうか???
現状より悪くならないことが国民の願いです!!!!


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
今週末は暖かいそうです。 
ついでに応援のクリックお願いします。


投資コラム / 2008.03.22 12:44 / TB[0] / CM[0]


新規の投資家達!!
最近は新規の投資家が増えているようである。
さすがにここまで円高が進み、株安が進めば底は見始めているとう発想だと思う。
日本人の多くは、汗水流したお金が本当のお金であって、利殖で得たお金は本当のお金ではないように思われている。
しかし、お金には番号はあっても色はない。それこそ勝ち組と負け組みのいい訳である。

私もさすがにここまで市場が混乱するとは思わなかった。
しかし、この状態であれば安いところは株でもFXでも投資信託でも投資する大チャンスだと思う。

絶対にゼロにはならないような株を買うのも良いし、金利差を考えれば、
オーストラリアドルやニュージーランドドル
も手ごろである。
また、分散投資をするならば、金でもプラチナにでも投資することもありである。

最近不調なインドも夜明け前だからこそ、急に冷え込むと思えば今がチャンスである。
必ず夜が明ける前は気温が落ちるが、太陽が昇ると気温が上がってくるのである。

今後、投資億万長者が出る可能性は高い。
しかし、今までの投資家は含み損ばかりなので、これからの投資こそ勇気が必要である。
投資は勇気、勇気こそが明日の富裕層となる。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
勇気はいくらだったら買いますか? 
ついでに応援のクリックお願いします。



投資コラム / 2008.03.18 23:04 / TB[0] / CM[0]


誰がもうけてるのですか?
石蔵クエッション
米蔵先生、質問です。

Q.先日知り合いの社長に不景気、不景気と言ってる
世の中今儲けてるのは誰なの?と聞かれました。
デイトレーダーはちょこちょこ小銭を稼ぐかもしれない、
しかし実際に色々と投資対象物があるけど、このご時世でもうけてる人は誰なの?と。
プーチンかい?それとその周辺のマフィアかな?とも。。

さぁ....としか答えられず、今度までに調べておきますと切り返しておきました。
実際はどうなのでしょうか??
どこそこの誰?が儲かってるのでしょうか。。

A.誰が儲かっているという範囲は日本に関してでしょうか?
日本に関して言えば、金持ちは当然に分散投資ているので、
分散投資している金持ちが一番儲かっていると思います。

難しい市場になればなるほど、資金力のある投資家は儲かります。
金持ちは、全ての財産をひとつに投資しませんし、常に余分な資金があるので、
追加投資することができます。また、金持ちほど損切りも早いです。

株を買ったが駄目だと思えば直ぐに損切りをします。
その反面この銘柄は上がると思えば、1年でも2年でも保有する覚悟があるので、
そこが儲かる秘訣だと思います。 一般の投資家ほど右往左往してしまい、
下がれば怖くて買えなくなってしまうことが大半なので、そこが儲かる人間との差だと思います。
値下がりしている時に買える人間は勝ちです。値上がりすると買いたくなるのは、素人です。
世界的にみれば、儲かっているのは情報量の多い
米国投資家
だと思います。

彼らは以前からドル資金を他通貨に移動していることをしていました。
何故なら現在のような市場環境となることを知っていたからです。
代表的なのはゴールドマンサックスです。
簡単にいえば、9.11を起こしたテロ集団は、米国のビルに突っ込めば必ず株価は
値下がりすると分かっていました。そのため、売り持ちをしていたと言う話しです。
必ずもうかります。同じように情報量の多い人たちが儲かっています。

みなさんも、何でもいいからご質問ください。
お答えできる範囲でお答えいたしますよ。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
コメント欄に質問をどうぞ。 ついでに応援のクリックお願いします。

Q&A / 2008.03.18 16:35 / TB[0] / CM[28]


日本沈没か?
止まらない円高株安で、国内の投資家の多くは大きな痛手を負っています。
そのため新規の資金投入する余裕もなくなり、多くの投資家は市場の動向次第に任せるしかないのが現状だとう思います。
日本経済においても成長するというよりも、米国に引きずられるように減速傾向にあります。

投資家の多くは四面楚歌状態だと思います。

しかし、こんな時期も過去の経験からもいつまでも続きません。
日本の投資家がもう日本は終わりと思う頃、
外人投資家が毎回動きだします。


そのタイミングが反転のきっかけだと思うのですが、時々見え隠れしている状態です。
外人投資家頼みの市場は非常に悲しいことですが、
現状ではその動きに一喜一憂する市場だということは現実的なことです。

先日ある主婦の方から質問がありました。
「円高になると海外旅行に行くには安く行けるので、日本にとっても円高は良いことなのですか?」
ということでした。
日本人の投資に対する認識はこんなレベルです。

外人投資家が日本に投資していただく環境を作らないと、
このまま日本は忘れられた存在になってしまいます。

これは愚痴ではなく、政治家にも真剣に考えてもらいたいことだと思います。

これから何に投資たら儲かるのか考えてみましょう!!!

短期的にはレアメタル(金、プラチナ等)だと思います。
しかし、中期、長期に投資するのであれば、
今こそが新興国の株(ファンドも含む)だと思います。
今回のことで、先進国の脆さは露呈しました。

このまま世界が終わることはありません。
それは読者のみなさんが一番ご存知なことと思います。
であれば、日本も同じことが言えると思います。

日本の株価は安くなっています。
そのため、温暖化関連、輸出関連で売られすぎの銘柄を
買っていけば中期的には今は大バーゲンだと思います。

新興市場の成長力のある企業も拾い場だと思います。

みんなが絶望している
ときこそが大チャンス
です。
日本の歴史においても何度も暴落はありました。

しかし、時間を掛けて修復してきました。

短期で一喜一憂したいなら、デイトレーダーになるべきです。
6ヶ月、1年を見据えて投資するなら、今がチャンスだと思っています。


お金持ちがよりお金持ちになるのは、
このような環境下で投資すことができ、
短期的に一喜一憂せず、
長い目で投資できること
だと思います。
チャンスの神様は前髪しかありません。
すれ違いざまにその前髪をつかめた方が勝ち組です。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
いまが、クリックチャンス! 応援お願いします。


投資コラム / 2008.03.16 20:09 / TB[0] / CM[0]


日銀総裁人事混迷は実は為替介入なのか??
日銀総裁人事が決まらないのは、実は為替介入なのかもしれない??
先進国において政治がらみで中央銀行総裁が決まらないのは、日本人でも馬鹿げていると思うが、
外国からみたら本当に何を考えているか分からない国としてみられるだろう。
昨年であれば、円安進行が止まらない状態になっていたと思うし、先進諸外国からアホマヌケと円売りが殺到していたと思う。
世界情勢が混迷をきたしているにもかかわらず、わざと与党、野党で日銀総裁を決めないことで、外国人投資家に日本を見捨てさせ、円安にもっていこうという魂胆かもしれない。
しかし、それ以上にドル安要因が勝っていることから、円高になってしまっている。

もっと政治家は馬鹿なことをしなければ、円は買われてしまう。

福田康夫と小沢一郎党首会談でいきなり銀座のママとの三角関係のもつれにより殴りあいとなる。
というのは如何なものか??
それでも円が買われるなら、日銀総裁にガッツ石松氏当選というのは如何なものか??

数年後にはこの事態が本になると思うが、サブプライムローン問題により世界混乱時に、日本においては日本経済の行く末よりも日銀総裁を出しにして、訳のわからない捻じれ国会にて、日銀総裁も決まらない状態であった。と書かれるだろう!!
我が道を行く日本!!!!!

今日はちょっとラフ過ぎるコメントになってしまった。
ただ、あまりにもお粗末な国の通貨が、ここまで買われている現状に不快感があった。
経済成長力等の実力で円高になるなら、心情的に許せる。しかしドル安でここまで買われる円ことに不快感と不満がある。



ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
不快な思いを断ち切ってクリック。お願いします。


投資コラム / 2008.03.14 00:41 / TB[0] / CM[0]


市場を見極める週になりそう!!
今日は久しぶりにスーパー銭湯に行ってきましたが、大入り満員という感じでした。
ガソリン代もどんどん値上がりしているので、遠出するよりも近場のスーパー銭湯ならば安上がりと言うことでしょうか!!私もその一人です。
ガソリン代の値上がりによって、それだけ観光に頼っている地方景気に与える影響は大きいのではないかと思います。

今週末の新聞紙上も、読んでいるだけでくら~い気持ちになることしきりでした。
米国景気のリセッションと日本景気の先行き、日銀総裁人事に関する自民党と民主党により責任のなすりあいには悪寒を感じました。

今週の要注目点は、政府系ファンドの資金が日経平均株価がどの価額まで下がると買いに入るかということと、やはり為替でドル円がどこまで円高になると反発するかということです。

今週は特にSQにまつわる株価変動が大きくなる可能性があるので、見所十分です。また、ドル円も100円割れを見込むコメントが増えてきているので、本当100円割れが現実化するかが注目点となります。

節目となる可能性もあるので、市場の動きにはチェックが必要です。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
読後のしめはクリック。お願いします。



投資コラム / 2008.03.09 19:52 / TB[0] / CM[2]


退職金で住宅ローンを返済しますか??
最近退職金で、住宅ローンを返済した方が良いのかという相談が多い。
借金があると気持ち的に負担があるのかもしれない。
しかし、借入金利を聞くと1%そこそこの金利で借りていることが多い、
その場合、よくお話しするのは、残債額と月々の生活費にどのくらい掛かるのかということである。
60歳で定年になっても年金を受け取るまでは、5年あること。その間の生活費をどのように捻出するのかということが大事である。
まず、住宅ローンをした場合、銀行から保険の強制加入をさせられる。そのため、完済までに死亡した場合は、その保険から返済されるので残った遺族には借金は残らない。

年金等を受け取る年齢までに、赤字になっては生活が出来なくなり、そのために住宅ローンは返済しても、新たに借金をすることになる。
また、低利で借りているのだから、物価上昇率と比べればタダ以下で借りているようなものである。
1%以上の高い利回りの資金運用をすれば、貰う金利で借金の金利を払えばよい。

銀行さんには怒られるかもしれないが、低金利時に借金は返すことはないと思う。
上記したように、死亡すれば借金はチャラになる。その退職金を使ってお金を増やせば、その後の老後生活は楽になる。
また、ちょっと勉強をすれば、3%程度なら安全な金融商品もあるのだからそういう商品に投資すれば、返済する必要はないはずである。

自己責任と言われる昨今、自分の財産を守るためにも投資の勉強をお薦めします。

日本人は身体で汗かいて貰うお金が清いお金と思っている人が多いですが、脳に汗かかせて儲ければ同じことです。
このブログを読まれているかたは、みなさん脳で汗かいて稼ごうと思っているかただと思います。
私も汗びっしょりです。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
考える必要はありません。
ただ、クリックするのみ。お願いしゃす。


投資コラム / 2008.03.05 23:57 / TB[0] / CM[0]


何故米国はそんなにドル安にしたいのか?
この2,3日のドル安の勢いは凄いものです。
景気減速指標の発表もありましたが、特にFRB議長であるバーナンキさんの発言後は、投機家やストップロスも交えて2~3円の円高となっています。

105円程度では一旦円高は止まると思っていましたが、あっさり103円台まで円高が進んでしまいました。

私の今までの経験からすれば、どんなに米国景気が減速したときでも高官による発言では、ドル高が国益であるという発言をするものでした。
しかし、最近の発言ではドル安を煽るような発言も多く、米国がドル安に誘導しているのではないかと思うほどです。

私は為替を読む際に、ボリンジャーバンドとRSIというテクニカル分析を使用していますが、日足、週足、月足とも下抜け寸前まで来ています。チャート的には、そろそろ反転する可能性があります。しかし、今週も景気指標の発表やバーナンキ議長講演等もあるため、油断は出来ない状態です。

・3月3日ISM製造業指数(2月)、建設支出(1月)、自動車販売(2月)、フィラデルフィア連銀総裁講演
・3月4日FRBバーナンキ議長講演、FRBミシュキン理事講演
・3月5日地区連銀景況報告、ISM非製造業指数(2月)、レイオフ調査(2月)、労働生産確報(4Q)、製造受注(1月)、クリーブランド連銀総裁講演
・3月5日資金循環統計(4Q)、セントルイス連銀総裁講演  ECB定例政策理事会、BOE金融政策委員会
・3月6日雇用統計(2月)、消費者信用残高(1月)、ポールソン財務長官基調演説

一部のアナリストやディーラーの間では、ドル円の100円割れもありえるとの発言も出ていますが、円を買い進める強い材料はないので、100円割れは絶好の投資機会だと思います。

注意が必要なことは、前回も3月は企業決算の集中する月でもあることをお話しましたが、利益を他通貨から円に替える必要がある企業もあります。
そのため、必要以上に円高になる可能性はあります。

もしそのような場合でも、瞬間的な円高であり持続する円高とは思えません。

それよりは、福井日銀総裁の後任も決まらないような日本やその国の政治に嫌気をさして、外国人投資家が日本の投資を引き上げることになることの方が、将来的に大変怖いことだと思います。

政治家のみなさん
お願いですから、もう少し世界景気や今後の日本の経済を考えてください。
国民は誰が日銀総裁でも構わないのです。
それよりも、物価上昇を食い止めることや減税政策を進めて頂き、少しでも国民のためになることをしてください。
出来れば為替介入をして頂ければ、多くの投資家のみなさんのためになります。


ブログランキング↓
米蔵投資倶楽部の皆様、
未来永劫、体の続く限りブログを発信できるよう
応援のクリックお願いいたします。

投資コラム / 2008.03.02 16:51 / TB[0] / CM[0]



 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】