FC2ブログ

伝説のディーラー米蔵さんの100%勝ち組投資ブログ

11 « 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »01

プロフィール

米蔵さん

Author:米蔵さん

米蔵と書いてヨネゾウと
読みます。米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。

■金融ブローカー、 ■外資系銀行ディーラー、■債券ディーラー、 ■FX、■ファンドマネージャー等を経験し、次々に収益レコードを塗り替え伝説を作り上げる。金のニオイする所に米蔵ありと言わしめる。

数々の金融業界、不動産業界等を渡り歩き、投資・節税・M&Aとなんでもござれ。

現在は虎視眈々と投資機会を狙いつつ、最近は小さいながら米蔵マネージメント合同会社を立ち上げたり、しかしいちサラリーマンとして世の中から身を隠してまして、なんのこっちゃと、何でもござれの日々でございます。


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー



累計: 検索エンジン登録
本日: SEO対策
昨日: メール配信

アクセスアップ


大晦日でも世界は動いている!!!
pika2.jpg
世界の中心でなにをさけぶ?

大晦日で投資家のみなさんも、お正月を迎えるにあたってバタバタとお忙しいと思います。確かにFX以外の市場等は年内の取引を終了しています。
特に株等の投資家の方は、今年も終わったと思われてFX、海外市場等の動きを
見ない方も多くいると思います。
しかし、ラクして儲けるにはそれなりの努力は必要です。
私は市場が動いている限り休日はないと思っています。

このブログを書きながらも、FX取引をしています。ポンドが売られたのをみてポンド買い
円売りでポジションを持ち、今利益を確保するための反対売買をしました。
市場の参加者が少ないだけに値動きが荒くなる可能性も高まっています。
特に欧州が参加してくる夕方からは値動きが激しくなりそうです。
今晩は米国の中古販売件数等の指標発表もあるので、紅白歌合戦を観る時間もなく
参戦します。
ラクして稼ぐにも地道な努力と忍耐が必要です。

今晩は除夜の音を聞きながら、「マインだ、ユアーズだ」とパソコンに叫びながら
新年を迎えることになります。

※マイン=買い、ユアーズ=売りのことです。
これは金融界用語です。買った~売った~だと電話での取引の場合聞き間違えやすいことから、マインとユアーズで区別するようになりました。
おっと~急に円が買われ始めましたので、参戦してきます。

今年も本当にありがとうございました。
来年もより読者のみなさまに有意義で楽しいコラムを掲載するよう努力し参ります。
これからも何卒クリックを宜しくお願い致します。
それではみなさま良いお年をお迎えください。

みなさんと共に来年は米の蔵が建つほど儲けましょう!!!!


きょうはもう、
エイ!と108回くらい
思うがままクリック↓お願い致します。





スポンサーサイト
投資コラム / 2007.12.31 09:42 / TB[0] / CM[0]


来年の材料!!
今日の日経新聞3面に、現日銀総裁の福井氏の後任人事についての記事が掲載されている。以前から次期日銀総裁人事について与野党間で意見の対立があると報道されていたので、そんなにビックリする話題ではないと思うかたも多い。
そして一般的には日銀は発券銀行で、公定歩合を上げたり下げたりしていることくらいしか認識がない。日銀総裁が空席になっても、直接我々の生活に影響がないから特にそう感じてしまう。中には日銀総裁のくせして、村上ファンドを購入していた福井総裁は一日も早く辞めた方が良いと思っている人も多いのではなかろうか?

投資家の観点からみると、これは大きな問題である。日本人であれば日銀総裁が1ヶ月や2ヶ月空席でも、それによって日本の金融機関がどうこうなるはずもないと考える。また、サブプライムローン問題から、当分は金利も変わらないので「そんなの関係ねぇ~」と歌ってしまうだろう。しかし、外国人投資家からみたら、政治家達の思惑で通貨の番人である日銀総裁が決まらない国に危なくて投資をする気にはなれない。現在日本の株式市場の約6割が外人投資家であるとすれば、この問題が解決しなければ、株式市場への資金流入は厳しい。テレビなどで日本株は割安に放置されているということを言っているが、日銀総裁も決まらない国なのでしょうがない。

見方を変えれば、FXにおいては絶好の好材料である。いつまでも日銀総裁は決まらなくてもよいのである。それだけ日本通貨は売られることになるから、円売り他通貨買いでひと財産できてしまう。(税金はきちっと払いましょう!!)
FXの投資家ばかりでなく、外国投資信託や外国債券等への投資をしている投資家にも好材料である。

日銀総裁人事については来年の投資材料となるので、投資家のみなさんは要チェックが必要である。

初詣では、株の投資家のみなさんは「日銀総裁人事が早く決まりますように」とお願いし、FX等の円安にメリットがある投資家のみなさんは「いつもでも日銀総裁が決まりませんように」とお願いしてください。投資の神様はどちらに微笑むでしょうか?
来年が楽しみです!!!!!!


今年もあと2日。
最後のワンクリック↓お願い致します。



経済動向 / 2007.12.30 13:50 / TB[0] / CM[0]


コーヒーブレイク!!!
昨日で2007年度の大納会も終わりましたね。株式投資家の方はお疲れ様でした。
それにしても5年ぶりに大幅安で引けたので、非常に後味の悪い相場でした。その後のNY市場の引値はほぼ前日比横ばいで引けているので、何となく安心した気がします。
FXの投資家のみなさんは、今年もあと1日取引があるので、頑張っていきましょう!!!

今日は、ちょっと年末に纏わる外資系銀行でデポディーラーをしていた時のお話しをしましょう。
年末はドルの調達のニーズが高まり、年末越えとなるドルの資金調達金利が暴騰することがあります。その年もあと2営業日で終わるという日でした。朝方にその日の円の資金調達も終了させ、年末から年始までの資金繰りをしていました。当然ですが一番金利の安い資金調達をして利鞘を稼ぐので、色々と市場をリサーチしているとドル金利とフォワード市場(円とドルを一定期間交換する市場)において異常な動きが始まっていました。

当時日本の金融機関は、バブルが崩壊してドルの借入が非常に厳しくなっていたころです。午後になって突然年末年始のドル金利が暴騰を始めました。日本の金融機関が一斉に年末年始のドルの調達に動き出したのです。こうなると年末年始のドルさえ手に入れば大きな利益が取れると思い、当時はシンガポール支店がマネーセンターとなっていました。

直ぐに幾らならドルを貸してくれるか問い合わせをしたところ、まだシンガポールのディーラーはこの異常に気がついていなかったのです。市場金利より低い提示をしてきたので、何回かに分けて調達をしました。さすがに途中から気がつき、今度は市場金利よりも高い金利を提示してきましたが、市場がパニック状態に入っていたことから、まだドル金利は上昇すると思い調達出来るだけを調達しました。ドルが調達出来たので、今度は放出しなければなりません。しかし、銀行にはクレジットライン(放出先の信用枠)のルールがあるのですが、当時はほとんどの銀行枠を使い切っていたので、放出することができません。そのため、そのドルを使ってフォワード市場で円に変えて、円での放出の試みを図りました。(ちょっと専門的な手法なので、なかなかご理解頂けないと思いますが、要はドルを円に一定期間変換する手法です。=円転)当時日本の国内市場での年末年始の金利は8%位でしたが、私の調達した金利はマイナス3%~28%強の金利で円を調達することが出来たのです。その円を放出することにより僅か数時間で大きな利益をつかみ、私自身は最高の年末となりました。

夕方になって金融機関の調達も終了してしまうと、資金の調達者がいなくなりドル金利も急低下しました。後日談ですが、私は東京支店開設以来の黒字に貢献してビックボーナスを頂くことになりました。その反対にシンガポールのディーラーは、その取引によって大きな損失を出してしまい、その後クビになってしまいまいた。
外資系の金融機関のディーラー職というのは、一見華々しく見えますが本当に厳しい世界です。一瞬の判断ミスや情報収集を怠ると、それは自滅する序章になるのです。
私がいつも情報収集に時間を掛け判断は早くというのは、この経験から得たものです。

健康診断の時などで胃カメラを飲んだ時、医者からはあちこちに胃潰瘍のあとがあると指摘されます。よくアクション映画などで主演者の全身傷だらけで、今までの戦歴を安易に物語らせるシーンがよくあります。それを観客が観てワイルドで格好良いと思う演出です。それなら私も負けませんよ。私の胃カメラにある胃潰瘍の痕を見ればその戦歴が分かります。でも、残念なのは、みんなが格好良いではなく、キモ~イと言われてしまうことです。


ちょっと、ブレイクで
クリック↓お願い致します。



投資コラム / 2007.12.29 13:10 / TB[0] / CM[0]


買うか?売るか?待つか?!!それが問題だ~!! -初級編-
amin_20071228224858.jpg
どこまで、いつまで、まつことができますか?

投資とは買うか?売るか?待つか?という単純に3分の1の確率論である。
しかし、この最後の待つか?という言葉を知らない投資家が多い。
株の格言にも「待つも相場」というのがある。
投資の初心者にありがちなのは買うと決めたら直ぐに買ってしまうことである。
そのため銀行や証券等の窓口で薦められるとその場で買ってしまうことが多いと思う。
私だったら最低でも過去6ヶ月間から1年間の値動きをチェックする。
その値動きの結果から投資するかしないかを決める。

みなさんも株式で用いることが多いチャートは見たことがあると思うが、
見方によっては山のように見えると思う。
山とは昇りがあって降りがある。もし山の頂上近くで買ってしまったら、
あとは降り坂を転がるように谷底へ落ちていく。
投資の初心者は買うという行為までに時間を掛け過ぎてしまい、
いざ買う時はあっさりと買ってしまう。

プロの投資家は、買うか?売るか?というその瞬間の判断は早いが、
実はそれまでにチャート分析や情報収集に時間を掛けているので判断が早いのである。
投資の初心者の方がいきなりチャートの勉強をしても難しいので、
まずは毎日新聞を読む癖をつけることである。
ただ読むだけでなく、どのような記事が載っているときに相場が上がり、
また反対にどのような記事が載っている時に下がるのかを理解することである。
そんなことをしていたら、いつまでも投資が出来ないと思うかもしれないが、
相場とは上がればいつかは下がるし、下がってもいつかは上がる。

昨今では投資商品も山ほどあるので、焦って失敗するよりも、
投資をすると決めたらまずは時間を掛けて情報収集することである。
それが100%勝利の第一歩となる。「衝動買いは銭失い」となる。


かなりの下げ幅だった大納会ですが、
今年はいかがでしたか?
よろしければクリック↓お願い致します。



投資コラム / 2007.12.27 23:55 / TB[0] / CM[0]


情報は新聞にあり!!!
nikkei.jpg
日経新聞CMで話題の日経育ちのWebサイト。
経済トピックスを親しみやすく、デザインもピクトグラムも整理されていて
興味を誘うように良くできてます。
このサイトを運営する上でも勉強になります。
面白いので、是非ご覧ください。 明日の投資のヒントになる...かも。。
 
25日(火)の日経新聞朝刊に英資産運用シルチェスターが「日本株、60社所有」という記事が載っていた。また、その記事の中に保有銘柄の3銘柄が記載されていた。終値はマツモトキヨシ(3088)2815円+150円高(+5.63%)、岩手銀行(8345)6710円+70円(1.05%)、常陽銀行(8333)+11円(+1.76%)となった。反対にオートバックスの転換社債型新株予約権付社債(CB)の発行差し止めの仮処分を申して立てた。という記事内容であった。そのオートバックスの終値は、前3銘柄とは反対に2185円-45円(-2.02%)となった。
あまり大きな記事ではなかったが、今日のような相場では何でも材料になってしまう。
新聞を良く読んでいればこの波に乗れたかもしれない。
私の口癖になってしまうが、新聞に情報あり、投資は勇気である。

日経新聞は他社と比べるとやや割高ではあるが、それなりに相場を動かす材料をなげることもあるので、投資をされている方は特に必読である。
あまり日経新聞を褒めすぎると、私が日経新聞とのつながりがあるのではないかと思われてしまうので、ここで弁明するが「私は夫婦でゴルフ接待も受けたことはありません。」
そう言えば最近守屋さんの記事が少ないのですが、防衛庁の問題は何処にいったのでしょうか????
民主党さん自ら墓穴を掘らない程度に頑張ってくださいませ。

今日は欧米市場もクリスマスで休場のため、アフター5のFXもお休みです。



株式・投資・マネーカテゴリー
総エントリー数779ブログ中、
最高位

総合87位ランクイン!

投資カテゴリー・資産運用部門
最高位
11位ランクイン

応援ありがとうございます。


年末進行であわただしいですが...、
クリック↓お願い致します。


投資コラム / 2007.12.26 01:04 / TB[0] / CM[0]


クリスマスイヴのFX!!!
071224santafx_20071224213515.jpg
今年最後のチャンス! FXの波に乗れるか?!


今日は朝から張り切ってFXを見ていますが、さすがに全世界クリスマスイヴで為替どころではないようですね!!狭いレンジでフリーズ状態です。朝方はパラパラと円が売られましたが、円安になると輸出会社のドル売りのリーブオーダー(幾らになったらドルを売って円を買うということを指値で指してい
る)が入っていることから、円売りで仕掛けても上値が重いため動きません。材料としては先週末のリープシャーオーストラリア中銀総裁の「インフレを押し下げるためには何でもやる」という発言やトリシェECB総裁の「インフレ抑制を確実なものにする事が責務」という強気な発言です。また、今月に入って産油国、中国、シンガポールの政府系ファンドからの米銀等への出資が円安材料となります。
動かないことを知っていて何故朝からFXを見ているのかと言いますと、参加者が少ない時に仕掛けてくる輩がいるからです。上値にあるリーブオーダーを全部ヒットするくらいの資金量があれば、その上は雲ひとつない青空のような相場となります。
そのためには、絶対ありえないようなルーマーを流して強引に仕掛けてきます。
毎年ではありませんが、薄い市場環境を利用する投機家がいます。
それこそ、その輩に乗れば、クリスマスイヴが何十倍も楽しいものになります。
今年もあと残りわずかですが、仕掛けてくるとすればサブプライムローン損失による円高より、上記の材料による円安ではないかと思います。
気をつけなければならない点もあります。それは世界全体がお祭り騒ぎをしている隙を狙うテロです。その際は一気に為替が飛ぶ可能性がありますので、気を付けなければなりません。

この時期は常に為替をチェックしつつ、本日は楽しいクリスマスイヴをお過ごしください。
みなさんにもサンタクロースが来ますように!!!!!!



ただいま
株式・投資・マネーカテゴリー

総合89位ランクイン!

投資カテゴリー・資産運用部門
13位ランクイン!

ハッピークリスマスでクリック、↓お願いします...。



投資コラム / 2007.12.24 11:35 / TB[0] / CM[0]


あなたのポートフォーリオは??
20070423-05186564-jijp-soci-view-001_20071223170548.jpg
これから温暖化の流れを決める、洞爺湖サミットのメイン会場。
ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ
来年の本命は原発関連に決まりです!

信仰心のあまり拘りのない日本人にとってのクリスマスですね。
私の家も今日がクリスマスパーティーです。

今日は驚くポートフォーリオについて、お話しますね。
ディーラー時代やファンドマネージャー時代もそうでしたが、必ずアセットアロケーションはします。簡単に言うと運用資金をどのように分散投資するかということです。
分散とは銘柄を変えるだけでなく、業種等も変えることです。
この前、ある人とお話していたら、私は貴方に教わる前からリスク分散しているので心配ないです。というお話をしていました。
是非それならご教示をお願いしたいとお願いしましたら、お話しくださいました。
株の銘柄は、IT関連は分からないので、新日鉄・JFE・神戸鋼・日本郵船・商船三井に銘柄に分散投資しているので完璧だということをお話していました。
しかし、今はその勢いもないことは、みなさんもご理解できると思います。
その時の流行ものばかりで、銘柄だけを分散してもそれは違います。
折角分散投資しても、実は同じ業態や業種に投資しているのでは意味がありません。
本当の意味での分散は、これからの温暖化の流れを受けるなら原発関連、円安なら自動車、円高なら輸入会社系、内需拡大なら百貨店系というように幾つかのシナリオを作り同銘柄を少なくしながら投資をすることがベストです。ディーラーやファンドマネジャーも同業種ではなく多くの業種の銘柄に投資をしています。
私でしたら、12月のような閑散相場の時は、どちらかというと新興市場の銘柄を多くしながら、流動性のある一部の銘柄もポートフォーリオとして選択します。
ポートフォーリオができましたら、全体的な収益をみてください。どういうことかというと、儲かるものとそうでないものが当然にでます。それなら総合的に儲かっているのか、損しているかをみてください。儲かっている銘柄だけ売ると確かに利益はでますが、そうではない銘柄ばかり残ってしまいます。それによって塩漬けばかりが残ることになります。
プロでもそうですが総合的な利益を考え、売るときは全てを売って幾ら儲かったかを判断しています。そうしないとやはり塩漬けばかりが残るからです。
来年の銘柄は、原発関連一押しです。


ブログランキングです。
投資カテゴリー50位ランクイン!めざしてます。
ハッピークリスマスでクリック、↓お願いします...。





投資コラム / 2007.12.22 20:16 / TB[0] / CM[0]


クリスマスで相場は閑散!!!
PECO4.jpg
クリスマスケーキといえば、やっぱり不二家。 しかしまたまた洋菓子に賞味期限切れニュース...。 チャートは21日現在173円。 来週はどうなる?

今年の市場もあと4営業日となりました。何となく寂しいです。
今年は寝ても覚めてもサブプライムローン問題の話題ばかりでしたね。
12月も中旬になると日本に来ているディーラーやファンドマネージャーも本国に戻ります。彼らはクリスマスを本国にいる家族や友人達とお祝いをするためです。
ですから外資系の金融機関でも日本人だけが働いている状態です。
また、12月が本決算となるため、この時期は新たに売買をすることを極力避けます。何故なら決算の数字が売買によって大きくぶれてしまうことを避けるためです。
ですから毎年そうですが、閑散相場となります。
閑散相場に売りなしとは言いますが、この時期に仕掛けてくる輩もいます。
またこのところ新興株市場が賑っているのも、参加者が少なくなっているので大型株よりも値動きの軽い新興株に資金が動いているからです。
超短期で勝負するなら新興株の値上がり上位銘柄の中で、急激に出来高が膨らんでいる銘柄に投資することです。ただ、欲を出してしまうとその後の下落反動でそのまま塩漬けになる可能性もあるので、お年玉程度で売り逃げるのが懸命だと思います。

本日はシンガポールの政府系ファンドが米メリルリンチに出資との報道を好感して日経平均も220円程度上昇しました。そして本日付けの日経金融新聞が日銀政策決定会合で「日銀は利下げを議論した可能性もある」と報道したことや大手海外通信も「日銀は来年にも利下げに転じるだろう」との内容のレポートを配信したことも上げの要因だったようです。
みなさん不思議だと思いませんか??米国の金融機関に対してシティにはオイルマネーファンド、モルガンスタンレーには中国政府ファンド、そして今回はシンガポールの政府系ファンドがメリルリンチに出資です。それも数千億ドルの資金です。そんなにタイミング良く次々に出資が決まるものでしょうか?それも年末近くになってからです。
大金を出資するには、それだけ時間を掛けて審査してからの出資するのが常識だと思います。深読みをするならば、見えざる手の圧力が掛かっての出資に違いないと思います。
また、ドル保有国のドル安に対する歯止めとしての出資ではないでしょうか?となれば、今はまだドル買いの好機なのかもしれません。

FX取引をされている方はご存知だと思いますが、FXには通貨の金利差によってスワップポイントという金利差による利息のやり取りがあります。日本円が一番金利が低いので、他通貨買い円売りをするとスワップポイントが入ってきます。例えばポンド買い円売りでは12月26日には7日分、12月27日には3日分と2日間で10日分のスワップポイントが入ってきます。1万ポンドの買い建てをしていると現在約1日分のスワップポイントが310円程度ですから、2日間で3,100円程度の利息がもらえることになります。そして12月31日に反対売買をします。ポンドを買った時から円安になっていれば為替益も入りますので、より大きな利益となります。ただし、約31銭以上円高になると利息分は為替損に打ち消されてしまうリスクもあります。投資とすれば超短期で稼げる可能性もあります。今年最後の投資チャンスかもしれません。

ブログランキングがんばってます。
まずは、投資カテゴリー50位ランクイン!
ブログ開催ご祝儀クリック、↓お願いします...。




経済動向 / 2007.12.21 22:42 / TB[0] / CM[0]


パチンコ屋さんは消えてしまうのか?
アクエリオン

知ってました?CM出稿量も多いパチンコ創聖のアクエリオンの
タレントさんは、多岐川裕美の娘さんだったんですって。


最近パチンコ屋さんの資金繰りが厳しいようです。私のところにも何件かのファイナンスの話しが来ました。銀行の貸し渋りだけではなく、ノンバンクからの貸し剥がしも始まっているようです。某国へ流れている資金を絶つために圧力が掛かっているという噂もあります。
そのためパチンコ屋さん潰しに動いているようです。この話しは嘘だけではないでしょう!!パチンコファンの方には悲報ですね。ここまでの話しでしたら、ただの週刊誌の一部になってしまいます。
パチンコ屋さんが減るということは、その業界に携わっている会社の業績は当然に落ちるということです。でもCMを観ているとノンバンクの代わりに必殺仕掛け人とかガンダム等のその業界のCMばかり目につきます。そうすると、ついついその業界の株を買いたくなってしまいます。しかし、ノンバンクも一瞬にして終わったように、その業界の業績を考えると以前のような上昇気流的なものはなくなると思われます。
また、北海道では1円パチンコというのが主流のようです。大当たりの確率は悪いけれど、長く遊べるのだそうです。これによってパチンコ屋さんの業績自体も落ちて、潰れているパチンコ屋さんも多いと聞きました。遊ぶだけだったらゲームセンターと変わらないと思います。ゲームセンターの方が大当たりの確率は高いですからね!
ところで、証券税制について一言いわせていただきます。
株やFX等がギャンブル性が高いというのなら、パチンコや競馬、競輪等はギャンブルそのものです。それなら景品交換所に税務署員の詰め所を作って、景品交換時にそのまま20%の源泉税を徴収したら良いのではないでしょうか?その方がパチンコ屋さんを減らす早道だと思います。
こんな広告は如何でしょうか?
パチンコファンのみなさんには申し訳ございません。
来年よりギャンブル税制は10%から20%に優遇措置を変更いたします。損益通算は出来ますが、3年間の繰り延べは出来ません。パチンコをする場合、国営のパチンコ365を利用すれば3年間の繰り延べは可能です。相対パチンコの場合は金融庁の検査を厳しくしますので、確定申告は必ず行ってください。国税庁より!!!


ブログランキング始めました。
めざせ!投資カテゴリー50位
よかったら、↓クリックお願いします




投資コラム / 2007.12.19 22:45 / TB[0] / CM[1]


やっぱりゴールドマン証券の決算は良かった!!
JAPAN-294004-reuters_view_20071219103550.jpg
GSひとり勝ちの黒幕?のポールソン財務長官

今日発表されたゴールドマン証券9-11月の決算予想は6.64ドルに対して、1株利益7.01ドルとなった。市場予想より良い数字が発表されることは予想された。何故ならポールソン財務長官の出身はゴールドマン証券であるからだ。
誰がサブプライムローンの債券化をして、誰が売ったのだろうか??それは米国が組成して米国の金融機関が営業をかけて世界中に販売した。
当然にFRBの高官は以前から土地バブルについて懸念していたはずである。
これだけの要因だけでも先進国は、米国の罠にはまったと理解できる。また、ゴールドマン証券の決算は良くて、シティバンクは産油国の資金援助を受けざるを得ない羽目になった。勘の良い方なら全てがシナリオ通りに動いていることが分かったと思う。
それでは、ドル安は誰が得をしたのだろうか?
当然に米国自身が得をしたことになる。米国は貿易赤字と経常赤字の2大赤字は有名である。今年に入ってからのドル安によって、米国の経常赤字は改善されている。一方で産油国や中国においてはドル安によって、ドル価値の目減りに苦しんでいるだから。最近ではドルに対するコメントも減っているような気がする。彼らも最近では、自分達がドル安を奨励するような発言は避けているように感じる。
それ以上に産油国のオイルマネーは、米国の金融機関への投資を勧めている。要するに彼らも米国の信用不安やドル安によるデメリットを自らの資金力でドル安を食い止めはじめている。最近では1ドル100円割れを示唆するエコノミストも多くなっているが、私は110円割れはドル買いで対処し、113円台で利益を確保する戦略を組むのが一番良い投資パフォーマンスをあげるコツであると思う。

ブログランキング始めました。
よかったら、↓クリックお願いします



投資コラム / 2007.12.19 00:06 / TB[0] / CM[0]


質問箱
ヨネゾウです。

ご質問のある方は、答えられる範囲で
お答えしたいと思います。

ご質問を↓コメント欄にお願いします。

ブログランキング始めました。
よかったら、↓クリックお願いします。


FC2 Blog Ranking

Q&A / 2007.12.17 10:52 / TB[0] / CM[0]


ヨネゾウのひとり言。
大手証券さんのCMで団塊世代向けに赤いボールを財産にみたて
老夫婦が動かし方が分からないというCMが流れているのを観たことが
あると思います。
団塊の世代の退職金の運用にターゲットを絞ったCMです。

退職金の運用は非常に難しいです。
60歳で退職して実際年金等の受給は65歳以上からになります。
その間は普通のサラリーマンだった方でしたら、
まったく収入はなくなり、退職金だけでの生活になります。

私もそうでしたが、収入が減ったり収入がなくなったりしても、
生活水準を落とすことは中々出来ないものです。

計画をもって運用しませんと、生活資金が困窮してしまいます。
最近は商品性によるリスク分散だけがクローズアップしていますが、
実は期間的分散も必要です。
ディーラーやファンドマネージャーは、投資のリスク分散をしつつ
期間的分散もしています。

簡単に言いますと、例えば利回りが良い債券や投資信託があります。
しかし償還期間が5年や10年間は途中解約出来ないものもあります。
(大きく元本割れを覚悟すれば途中解約は可能なものもあります。)
そのような債券等にばかり投資してしまったら、
投資貧乏ではないですが、生活が困窮してしまう可能性もあります。
そのためにも期間的分散が大切となります。

多分債券や投資信託等を購入するために金融機関等に相談した場合、
親切な担当者であれば、期間的分散についても話しをしてくれますが、
大概は利回りだけの営業しかしない担当者が多いと思います。

このブログを読んだみなさんは期間的分散が大切であることとも
念頭において投資をしてください。

今日もお天気が良く大変乾燥していますね。
髪を切ろうと美容院に行って約2時間近くも待たされました。
待っている間非常に気になったのは、
風邪を引いている人が沢山いて、その人達が平気で咳きをしていました。
きっと待っている間に感染する人も多いのだと思いました。

このような天気が続くと薬品業界の業績アップにつながるのだろうと思います。
今年は例年よりインフルエンザにかかる人が早いという話しもあります。
薬品株は要チェックです。
信用不安により株価等が下がる場合は、特にディフェンシブ銘柄となる
薬品業界が狙い目ではないでしょうか?

ブログランキング始めました。
よかったら、↓クリックお願いします


投資コラム / 2007.12.16 18:25 / TB[0] / CM[0]


淡々と今週の市場動向。
今日は本当に天気が良い休日ですね。

本日は休日出勤を止められてしまったので、
自宅より配信致します。

市場の方はと言えば、非常に不安定な日々が続いています。
ドルは非常に底堅い動きとなっております。
先週にドルを仕込まれていたら、
約3円は抜けました。

私は反対にドル以外の通貨で勝負しています。
何故ならドル円に対してドルが強くなるということは、
ユーロ、ポンド、オーストラリアドル、NZドルは円に対して
より強くなると考えるからです。
ドルには特殊な要因があるので、現在はドル一人勝ちですが、
他通貨においても鞘寄せしてくると思います。

昨日の日本の短観も決して良い数字ではなく、
このまま行けば米国よりも日本の景気の方が低迷するのでは
ないでしょうか???

日本の株式市場も最近はNYダウの動きに連動しています。
今月は米国の決算月ですので、
米国の金融機関もサブプライムローンの損失問題もあり、
その補填のためにも株価が上昇してくると利益確保を急いできています。
また、ご存知の通り来週あたりからクリスマス休暇に入る
ディーラーも多くなるので、急いでポジションを軽くしてきていることも
売り圧力が出ている要因のひとつです。

よって株は今月中旬以降買って、来年の新相場に利益確保をする
短期売買が良いと思われます。

簡単ですが、今週の相場観を。

ブログランキング始めました。
よかったら、↓クリックお願いします。




経済動向 / 2007.12.15 11:21 / TB[0] / CM[0]


ヨネゾウの投資ブログ宣言!
米蔵(ヨネゾウ)と申します。
米の蔵が建つほどの儲けを意味して名付けました。
金融関係者です。プロフは左側を参照。

ひとまずブログを立ち上げたことを宣言します。
テストログとしてタイプ。

ブログのランキングもはじめました。
上位をめざしますよ。
めざせ書籍化!!

クリックよろしゅうお願いいたします。



未分類 / 2007.12.14 15:52 / TB[0] / CM[0]



 + 


ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



* Designed by cadet; * -----【Login】